デザインをする上で1番大事!デザインの4つの基本法則

TOP

こんにちは、かずまです。

今回はデザイナーであれば誰もが知っている、デザインの4つの基本法則を紹介します。

デザインの4つの基本原則

デザインの4つの基本原則はデザイナーだけでなく、会社でプレゼンテーションをする人や資料を作る人にも役立つ知識なのでデザイナーじゃない人にも絶対に知っておいて欲しいです。

近接

この法則は人間は無意識に近くに配置されているものを仲間のグループだと判断する心理を利用しています。

そのためデザインする時もグループであると主張したい時は要素と要素を近づけると四角で囲んだりしなくても視覚的にグループであると主張することができます。

まだ関連の内容は適度な余白を取ることによって異なる要素なんだと視覚的に主張することができます。

この近接を意識することによって余白の使い方が格段に上達します。

実践的な使い方

近接を意識してない例

このままだとどれが関連するグループでどれが関連のないグループなのかわかりづらいと思います。

では次は近接を意識した例です。

近接を意識した例

このように近接を意識すると格段に余白の使い方やグループ分けが上手く見えると思います。

これによってわかりやすいデザインをすることができます。

コントラスト

コントラストとは目立たせたい要素とそうでも要素に差をつけて目立たせたい要素を強調して目立たせることができる技法です。

コントラクトがないとどの部分が大事なのかわからなくなってしまいます。

また、面白味のないデザインになってしまいますので気をつけましょう。

ではコントラストをどのように実現するのかというと

「色を変える」「形や大きさを変える」などがあります。

実践的な使い方

コントラストを意識してない例

これだとどの部分が大事なのかわからないですよね。

では次はコントラストを意識した例です。

コントラストを意識した例

このようにコントラストを意識するとどの部分が大事なのかわかりやすくなったと思います。

整列

デザインに中にある要素を意識して整列させることです。

整列させることによって、デザインに統一性がでてさらにすっきりとしたデザインにすることができます。

整列には「左揃え」「右揃え」「中央揃え」などがあります。

実践的な使い方

整列を意識してない例

整列してないとやはりすっきりとしたデザインにはなりませんね。

ごちゃごちゃしたデザインになってしまいました。

では次は整列を意識した例です。

整列を意識した例

整列を意識するとすっきとしたデザインになり文字も読みやすくなったと思います。

反復

視覚的な要素を繰り返し使うことでデザインに統一性を持たすことができる法則です。

反復には「同じフォントを使う」「同じ色を使う」「同じ整列を使う」ことによって統一感を持たせることができます。

実践的な使い方

反復を意識してない例

やはり反復を意識しないとデザインに統一性がなくまたわかりづらいものとなってしましますね。

では次に反復を意識した例です。

反復を意識した例

反復を意識するとデザインに統一性ができまたわかりやすいものとなりますね。

まとめ

今回はデザインの4つの基本法則についてまとめましてた。

自分も改めてまとめたことによってさらにデザインについての学びが深まりました。

この基本法則はデザイナー以外の人も意識するとみやすいプレゼンテーションや資料を作ることができるので忘れずに意識してみてください。

一緒に頑張りましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました