ベーシックインカムについて知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

皆さんベーシックインカムという言葉を聞いたことがありますか?

政治などに興味がなくても最近はよく耳にするという人もいるのではないのでしょうか。

今回はたまにベーシックインカムという言葉を聞くけどなんだかわからない人に向けて簡単にベーシックインカムにてついて解説します。

ベーシックインカムって?

ベーシックインカムとは最低限の所得を保証するという仕組みの一種で、政府がすべての国民に対して一定の現金を定期的に支給するという政策です。

世界中で試験的なベーシックインカムの運用もされています。

最近になりベーシックインカムの制度が注目される理由は、貧困や経済格差が拡大してきているということが挙げられます。

また、AI(人工知能)が発達し人間の仕事が奪われてしまうことが懸念されているということも挙げあれます。

ベーシックインカムのメリット

貧困者が減る

ベーシックインカムの最終的な目的は、すべての国民が最低限以上の生活を送れるようにすることです。

また今では生活が厳しいにも関わらず社会保障の条件からはもれてしまったような人たちも救うことができます。

他にも家族の収入に頼って生活している人も、経済的に自立することができるようになります。

ブラック企業が減る

ベーシックインカムによって最低限の生活が保証されることで、給料が少なくきつい仕事だけど生活するために仕方なく働いているような仕事は辞めることができます。

このように労働環境が悪いと誰も働いてくれなくなるので、会社は労働環境を改善せざるを得ません。

この循環がうまくいけばブラック企業が減っていくと思います。

少子化対策

ベーシックインカムは世帯ではなく個人に支給されます。

そのため子育てにかかる費用を子供に支給されたお金で賄えたり、子供が増えることによって世帯単位の所得増加につながるため少子化対策になることが予測されます。

地方の活性化

ベーシックインカムが実施されると全国一律で同じお金が振り込まれます。

そのため都内など物価や家賃が高いところに住むよりも地方で物価や家賃を抑えて生活する人が増えると考えられます。

そのため地方の活性化につながると考えられます。

好きなことができる

ベーシックインカムは自分の給料に関係なく政府からお金が振り込まれます。

働いて得たお金はベーシックインカムに上乗せされて収入になります。

生活のために働いている今とは違い、最低限の生活が保証されていれば本来やりたかった仕事や勉強にチャレンジできるかもしれません。

ベーシックインカムのデメリット

財源の問題

ベーシックインカムの制度を実施するには大きなお金が必要となります。

これがベーシックインカムの最大の問題となっています。

もしすべての国民に毎月8万円程度の支給する場合、公的給付金(年金や失業手当など)を廃止しても足りません。

なので増税を心配される声もあります。

財源の問題を考えると日本ではまだまだ現実的ではない可能性が高いです。

個人の責任の増加

ベーシックインカムで受け取るお金の使い道はもちろん個人に委ねられています。

そのため未来のために貯金するのも今使ってしまうのもすべて自由です。

しかもベーシックインカムのお金は公的給付金から賄われる可能性が高いので、生活保護という制度もなくなるかもしれません。

そのため個人がどのようにお金を使うのかが自分の人生を大きく変えることとなり個人の責任はさらに大きくなることだと思います。

勤労意欲の低下

ベーシックインカムが実施され働かなくても生きていけるような時代になると働かなくなったり働きたくないと考える人が多くなると思います。

そのため工事やインフラなどの公共事業が進めなくなるようなことがあるかもしれません。

このような生活に関わる事業をどうするかも課題となっています。

まとめ

最近は新型コロナウイルスの影響を受けベーシックインカムが注目され始めてきました。

ベーシックインカムには多くのメリットがありますがその分のデメリットもあります。

それと財政問題などの大きな問題もあります。

しかし世界では試験的な運用もされていて、もしかしたら10年後には世界の常識になっているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました