あなた好みのコーヒー豆を見つけよう 初心者おすすめコーヒー豆

TOP

こんにちは、かずまです。

コーヒー豆には様々な種類がありどの地域の豆を選んでいいか迷ってしまいます。

どの豆がどんな味なのか、そもそも違いがあるのかなど様々な疑問を持つかと思います。

そこで365日欠かさず毎日コーヒーを飲んでいる僕が今回はあなた好みのコーヒー豆を見つけたいと思います。

あなた好みのコーヒー豆を見つける

コーヒーの味の表現の仕方

酸味

やわらかい酸味、すっきりとした酸味、華やかな、フルーティーな酸味その中にもマンゴーやオレンジ、グレープフルーツ、トロピカルフルーツの酸味のようなフルーツで例えた表現もあります。

酸味の強さは強い、弱い、適度なといった形で表現される。

苦味

様々な苦味が混ざり「コク」や「深み」に繋がる。

コーヒー豆による苦味と焙煎の焦げによるによる苦味の二種類の苦みがある。

キレ

口の中で苦味が早く消えるほどキレを感じる。

スッキリとした苦味より苦味が強いとキレのある苦味になる。

コク・深み

苦味が複雑に広がっていくとコクや深みに繋がる。

重厚さがあるとボディ感があるという。

甘み

熟したコーヒーチェリーは甘くなる。

焙煎度合いにより変化する。

自分好みのコーヒーを見つけよう

お好みの味は?

酸味、苦味、甘味の中で自分がどれが好きなのか見つけましょう。

豆によってこのバランスが異なります。

バランスの良いブラジルを飲んだ後に酸味、苦味、甘味の強いコーヒーを飲もう。

とりあえず試して欲しい豆

バランス

ブラジル

酸味、苦味、甘味のバランスが良い。

コーヒー初心者はまずこのブラジルを試してその中でもっと酸味、苦味、甘味どれが欲しいのか考えましょう。

酸味

キリマンジャロ

甘酸っぱい香りにフルーティーな酸味が特徴。

コナ

柔らかな飲みやすい酸味が特徴。

甘味

グアテマラ

甘い香りにやわらかな酸味と苦味。

エチオピア

華やかな甘味。

苦味

マンデリン

深いコクと苦味、濃厚な味わい

ジャワ

酸味が少なく苦味とコクが特徴的。

とりあえずこの7種類のコーヒー豆を試してみて自分の好きな味をみつけましょう。

まとめ

自分好みのコーヒーが見つかると人生が変わります!大袈裟では無いです!

自分の好きなコーヒー豆が見つかり素敵なコーヒーライフが過ごせますように。

次の記事ではお好みのコーヒーを見つけるための焙煎度合いについてお伝えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました