コーヒーを飲むメリットとデメリットを知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

かなり多くの人が毎日コーヒーを飲んでいると思います。

しかし、やっぱり毎日飲むものメリットやデメリットについて知っておくのはかなり大切なことです。

特に健康を気にしてるけどコーヒーって健康に悪いの?いいの?どんな効果があるの?と様々な疑問があると思います。

なので今回は、

コーヒーの主な成分
コーヒーを飲むメリット
飲みすぎによるデメリット

について解説します。

コーヒーの主な成分

カフェイン

コーヒーの最も特徴的な成分です。

眠気覚ましや利尿作用などの効果があります。

お茶やコーラ、エナジードリンクなどにも含まれます。

覚醒作用や解熱鎮痛作用があり、医薬品として使用されることもあります。

ポリフェノール

コーヒーの色味や香り、苦味のおおもとの成分になっています。

抗酸化作用が主な効果です。

コーヒーには赤ワインと同じぐらい、お茶の2倍ほど含まれています。

コーヒーを飲むメリット

肌がきれいになる

コーヒーには多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える効果があります。

メラニン色素は日焼け、シミ、そばかすなどの色素沈着の原因となる成分です。

ポリフェノールの抗酸化作用にはそのメラニン色素を抑制する効果があるので肌がきれいになります。

脳の活性化

コーヒーに多く含まれるカフェインですが、かなり多くの効果があるんです。

カフェインには眠気覚まし効果があるのはみなさんご存じですよね。

その他にも集中力アップ、思考力アップの効果があります。

これらの効果はカフェインが神経を興奮させるためにに起こる効果です。

ダイエットに効果的

コーヒーのカフェインとポリフェノールどちらにもダイエット効果があります。

基本いつ飲んでもダイエットの効果が得られますが特にダイエットには

食後にブラックコーヒーのホットを飲むと一番効果があります。

自律神経の働きを高める効果や利尿作用などの効果が大きいです。

リラックス効果

コーヒーの香りが関係しています。

コーヒーの香りをかぐとリラックスしている時に出るα波が多く現れます。

筋肉の活性化

コーヒーのカフェインには筋肉を活性化させる効果もあります。

カフェインが血液中の脂肪酸数値を上昇させ、筋肉が脂肪酸を燃やしてエネルギーを作り出すことを助けてくれます。

また、アデノシンと受容体が結合をするのを防いでくれるのでそれにより、神経が興奮し脳から多くのアドレナリンが放出されることとなります。

飲みすぎによるデメリット

これだけ多くのメリットがるコーヒーですが飲みすぎによるデメリットもあります。

歯の着色

コーヒーにはタンニンという成分が含まれていますが、このタンニンは歯の着色汚れに繋がってしまいますので飲みすぎには気を付けましょう。

不眠

コーヒーを飲むメリットに脳の活性化がありましたが、飲みすぎてしまうと逆に不眠につながる可能性があります。

中毒

コーヒーに含まれるカフェインには中毒性があります。

この中毒症状には頭痛、吐き気などがあります。

年齢や性別にもよりますが1日4杯以内ぐらいが中毒にならないラインです。

まとめ

今回はコーヒーの成分やメリット、デメリットについて解説しました。

コーヒーが世界中で愛される理由がわかりますね。

しかし、大好きが故飲みすぎてしまうということがあると思いますが、中毒などかなり危険な症状が現れる可能性があるので気を付けましょう。

自分の体調を管理しながらコーヒーライフを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました