クラウドファンディングについて知ろう

TOP

最近クラウドファンディングという言葉をよく耳にするようになりました。

将来独立したい人は、資金集めに悩んだりしている人は多いと思います。

また、良いアイデアを持っている人に投資をして応援したいと考えている人もいあると思います。

世界にはそのどっちもの希望を叶える仕組みが存在します。それがクラウドファンディングです。

今回は

クラウドファンディングとは
クラウドファンディングの種類
クラウドファンディングのメリット
クラウドファンディングのデメリット
出資するメリット
出資するデメリット

について解説します。

クラウドファンディングとは

インターネットを通じて多くの人に資金調達を申し入れる方法のことです。

新規の事業を始める、事業を拡大するにあたって多くの場合は資金調達が必要になります。

その資金調達には、

知り合いからや親族から借り入れる方法

銀行から融資を依頼する方法

と他にも色々あります。

その中でクラウドファンディングはインターネットで自分の事業について発信し、その事業に共感した人から資金を集めます。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングの決済

クラウドファンディングのには2つの決済方法があります。

All or Nothing方式

この方式は目標金額に達さなかった場合は資金が1円も受け取ることが出来ません。

目標に達した場合は、期間内であればいくらでも出資を受けれる場合と目標金額に届いたらすぐ支払われる場合もあります。

All in方式

この方式は目標金額を達成するかにかかわらず必ず支払われます

寄付型のクラウドファンディングに多く使われる決済方法です。

クラウドファンディングのリターン

購入型

出資してくれた人は市場に出回っていないような商品やサービスを受ける権利がもらえます。

寄付型

ほとんど寄付に近いです。リターンはないですがプロジェクト内容が環境保全や誰かのためになるものがほとんどです。

金融型

リスクもありますが、大きな金銭的なリターンが得られる可能性があります。

クラウドファンディングのメリット

どんな事業でも資金調達できる可能性がある

金融機関からの出資を得るのが難しいような事業でも、事業に共感し出資をしてくれる人がいれば資金を調達することが出来ます。

宣伝ができる

まだ市場に商品やサービスが出回る前に多くの人の目に触れることで、宣伝効果を見込めたりユーザーの反応を知ることが出来ます。

また、事業に共感してくれて出資をしてくれた人は事業が軌道に乗った後も顧客として事業を応援してくれる可能性が高いです。

現金以外のリターンが選べる

金融機関から融資を受けた場合は、もちろんお金で返済しなければなりませんが、クラウドファンディングの場合は出資してくれた人に自社の商品やサービスを提供することを特典とすることが出来ます。

成功報酬制

もしクラウドファンディングに目標金額に届かなかった場合の支払いはありません。クラウドファンディングが成功した時だけ、クラウドファンディングのサービスを提供している会社に手数料を支払います。

目標よりも大きく調達できる

自分の立ち上げた事業が多くの人から共感を得れれば、それだけ多くの方からの資金を調達でき、自分の目標金額よりも資金が調達できる可能性があります。

クラウドファンディングのデメリット

すぐに資金が集まらない

金融機関から借り入れをする場合は、一か月ほどですぐ資金が集まりますが、クラウドファンディングだと目標金額に届かなかったりした場合は、お金がもらえない場合があります。

出資するメリット

新しいサービス

まだ世の中に出ていない新しい商品やサービスを得られる権利が得られます。

作り手の顔が見える

プロジェクトを立ち上げた人のプロジェクトページや活動報告、SNSなどを見ることで一般的な通販サービスなどよりも作り手の顔やプロジェクトの進み具合が確認することが出来ます。

出資するデメリット

不具合

プロジェクトが達成されてもトラブルなどによりリターンが提供されない可能性があります。

まとめ

クラウドファンディングは最近できた仕組みではなく実は日本では2012年に初めてクラウドファンディングが成功しました。

最近では浸透してきて資金調達の手段としてかなり普及しました。このクラウドファンディングは、出資してくれる人にもプロジェクトを立ち上げた人にもメリットがある仕組みなので、これから先もっと盛んになりベンチャー企業の活躍の場が増えるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました