僕がクラウドワークスで最初の1000円稼いだ流れ

未分類

こんにちは、かずまです。

皆さんは何か副業をやっていますか?

現在の日本では副業がさらに推奨され始め副業が解禁されている企業も多くあります。

また、働き方も変わってきて今までの雇用形態ではなく、ジョブ型雇用というものも推奨されてきました。

さらに今はコロナウイルスによって働いている業界によっては、出勤日数は減ったけど給料も減ってしまったなんて人も多くいるのではないでしょうか。

その影響も受け副業に興味を持ったなんて人も多くいるのではないでしょうか。

今回は多くある副業の中でも、クラウドワークスのweb制作やwebデザインで僕が実際に行った最初の1000円を稼ぐまでの道のりを紹介します。

クラウドソーシングサイトで最初の1000円を稼ぐまで

STEP1 クラウドワークス・ランサーズに登録

まずはクラウドワークスとランサーズに登録しましょう。

この2つはクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトとはクライアントがクラウドソーシングサイトにて公募し、その案件に対して適正な能力を持つ人が仕事を受けて納品するという制度です。

これによって簡単にリモートで副業ができるシステムが整っています。

そしてクラウドワークスとランサーズはこのクラウドソーシングでの最大手であり、多くの案件が日々張り出されています。

ポイント

挨拶文とプロフィール

クラウドソーシングサイトで大事なのはプロフィールと挨拶文です。

多くの案件をもらっている人のプロフィールなどを参考に案件が貰えそうなプロフィールと挨拶文を作りましょう。

STEP2 どの仕事をやるのか決める

クラウドソーシングサイトでは多くの種類の仕事が募集されています。

webデザインやプログラミング、ライティングやアンケートなど様々です。

僕はこの中からweb制作・デザインの仕事をやることに決めました。

STEP3 仕事に必要な力を付ける

次にweb制作であればWordPressが使いこなせたりhtml・cssのコードがかけるようになりましょう。

web制作であれば、簡単なもので大丈夫なので実際にコーディングしてみてポートフォリオを作ってみましょう。

ポイント

力をつけすぎないこと。

力をつけたほうがいいじゃんと思う方もいると思います。

当然力は必要ですがそんなんことよりも早く実践をして力と経験と実績をつけたほうがいいです。

いつまでも素振りをしていてもしょうがないです。

少しでも多くバッターボックスに立ちましょう。

STEP4 仕事に応募する

僕はSTEP3のhtml・cssの学習と並行して仕事に応募しまくりました。

クラウドソーシングを副業で初めて実績がない人はとにかく応募しまくるのが大事です。

ポイント

実績がない時は安めの値段設定にする

事実、実績が多くある人に勝てるのは価格設定だけです。

クライアントが価格にどれほどの重きを置いているかわかりませんが、とにかく安くと考えているクライアントもたくさんいます。

なので実績がある人よりも低めの値段設定にすると案件が貰える確率が上がるでしょう。

なるべく早く応募する

応募期限というものが決められていますが、なるべく早く仕事をしてくれる人を決めたいというのもクライアントの考えだと思います。

良さそうな人がいたらすぐ契約してしまう場合もあります。

なので良さそうな案件があったらなるべく早く応募するのがいいでしょう。

少し作ってから応募

僕はいつも応募するときは、顧客が提示している参考のサイトを参考にしヘッダーの部分だけですが作ってから応募しています。

多くの応募者がいる中から実践が少ない人が選ばれるの可能性は少ないです。

そのためまずは自分の実力をヘッダーで伝え、自分の熱意も伝えましょう。

またここには返報性の法則が働いています。

人間は何かしてもらうと返したくなる生き物なのです。

そのため、ヘッダーを作ってきてくれた人には何かお返しをしたいと考えるのです。

上のポイントを抑えながら多くの仕事に応募しまくると案件が貰えます。

案件が貰えるといっても初心者で実績がなければ50件提案して1件案件がもらえれば良い方です。

僕も実際60件ぐらい応募して初めて1件案件を獲得できました。

STEP5 案件を貰えた後

案件を貰えたら仕事の詳細をクライアントから教えてもらい業務が始まります。

業務が終わってクライアントからOKが出たら納品して仕事完了です。

仕事が終わるとお互いに評価をすることができます。この評価が低いと今後案件が貰いづらくなるので気をつけてください。

ポイント

丁寧な対応を心がけよう

案件をもらった後も丁寧な対応を心がけましょう。

上にも書いたように仕事が終わるとお互いに評価することができます。

対応が悪かったりレスが遅いと悪い評価につながってしまうので、気をつけましょう。

まとめ

クラウドソーシングサイトで仕事をもらうのは簡単ではありません。

特に最初の案件は実績が全くないためかなり苦労しました。

ですが、ここで紹介したポイントを全て抑えれば50件に1件は仕事が取れると思います。

これから始める人はかなり大変だと思いますが、一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました