個人事業とフランチャイズの違いを知ろう 

TOP

こんにちは、かずまです。

飲食店を開業したいと考えている皆さん。

最初に迷うのはフランチャイズに加入するか独立店舗でやっていくのか迷いどころですよね。

ここではフランチャイズと独立店舗のメリットとデメリットを伝えていきます!

[フランチャイズ]

フランチャイズとはフランチャイズに加盟する人や法人がフランチャイズ本部から、お店の看板や商品マニュアルを使う権利をもらい、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。

メリット

未経験の方でも開業できる

メニューが決まっているので、商品開発をする必要がない。

経営ノウハウ、従業員の教育まですべてチェーン本部が教えてくれる。

ブランド性を短期間で入手可能

お店の知名度を上げるのはとても大変ですがフランチャイズであれば初めから誰もが知るようなブランド力を得ることが出来ます。

店舗や機械を自分で準備しなく良い

店舗の用意や機材の用意、めんどくさい書類の手続きこのようなことは大体本部がやってくれます。

チェーンのブランド力で集客もバッチリ

ブランド名や宣伝戦略のおかげでお客様に安心感を与え集客できる。

様々なサポート

経営悪化したときなどはフランチャイズの本部のほうからアドバイスをもらうことが出来る。

デメリット

ロイヤリティ

ロイヤリティとは、毎月フランチャイズ本部に納めなくてはいけないお金のことです。

このロイヤリティをちゃんと確認しておかないとほとんどの利益が本部に吸い上げられてしまうなんてこともあります。

自分で経営方針を決められない

ほとんどの場合はチェーン店本部のマニュアル通りに経営しなければなりません。勝手に新メニューを開発したり割引を行うことはできません。

また、仕入れ先なども制限させられてしまいます。

契約を途中放棄した場合違約金が発生

うまくいかなかったからすぐにフランチャイズを解約できるわけではありません。違約金が発生する場合があります。

成功のポイント

加入するフランチャイズについてよく調べる

加盟店の事業実績を細かく調べる。

チェーン選びの基準は自分以外の店舗が実際にどれだけ売れているのかです。

悪徳なフランチャイズも存在するので、ちゃんとしているフランチャイズなのか口コミやSNSでの反応などを調べる。

契約条件の確認

契約の条件をしっかりと確認しなければ解約したときに多額の違約金の支払い義務があったり、本部へのロイヤリティが多すぎて利益がほとんどでなくなってしまうなんてこともあります。

[独立店舗]

自分や身内の力だけで立ち上げる店舗。

メリット

頑張り次第で大きな収入が得られる

経営方針も店舗を出す場所など全て自分で決めることが出来るので、大きな収入を狙うことが出来ます。

独自性に富んだ事業運営がしやすい

独自の割引やセットメニューなど独自の仕組みを作ることが出来ます。

また、来てくださるお客様に合わせたり、コンセプトに合わせたメニューを開発することが出来る。

地域密着型で常連客を獲得できる

地域のお客様に合わせた商品開発や接客を工夫することが出来るので地域の方々にあった店舗開発ができる。

デメリット

工事費など初期費用が高い

工事費や物件をおさえたり、機材などをすべて自分で準備しなくてはならないので、多額の費用が掛かる。

立地選びが難しい

正確に立地選定をしようとすると多くの費用や時間がかかってしまいます。

そのうえ多くの人が利用する店舗を確保するのは難しいです。

開業までの手続きや準備が多い

初めて飲食店を一人で開業しようとする人は手続きの多さに驚くかもしれません。

成功のポイント

何よりも立地が大事

立地一つで売り上げが大きく変わってしまいます。

お客様のターゲットやコンセプトに沿った立地選びが大切。

「居抜き物件」で費用を抑える

居抜き物件とは設備や備品、家具などが付いたままで売買または賃貸借される物件です。

居抜き物件を利用することで開業資金が大きく抑えられる。

まとめ

フランチャイズで開業するのも自分で開業するのもどっちも良いと思います。どちらの方法も特徴があるので自分に合った開業方法を選んでください。

ちなみに僕は自分で開業する方法をおすすめしたいです。

やっぱり自分でお店を持つなら自分で自由にできたほうが楽しいと思っています。

皆さんの開業が上手く行きますように!

タイトルとURLをコピーしました