appleのiCloudについて知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

皆さん毎日スマホを使っていますよね。

2020年の調べによると

日本では約60%の人がiPhoneを利用しています。

しかしiCloudについてはよくわかってない人が多いと思います。

今回は

iCloudとは
iCloudは何ができるの
iCloudの料金

について絶対に知っておきたいiCloudについて解説します。

iCloudとは

iCloudはappleが提供しているクラウドサービスのことです

簡単に言うと、iPhoneやMacの中にデータを保存する以外にクラウドにデータを保存することが出来る仕組みです。

データが保存できる場所が他にできるのでiPhoneやMac自体の容量が余るので、iPhoneやMacの容量が軽くなるのでサクサク動きます。

また、クラウド上にデータを保存するとIDとパスワードがあればデータを共有できます。

クラウドサービスについて詳しく知りたい方
すでに使ってるクラウドサービスについて知ろう

iCloudは何ができるの

バックアップ

iPhoneやMacがもし水没などで壊れていしまってもバックアップをとっておけばデーターを取り戻すことが出来ます。

これがあればデータを紛失することがありません。

データの共有

iCloud Drive

これを使えばデータを共有することが出来ます。

ファイルというアプリがすでに入っていると思いますがここに共有したいデータを入れれば違うデバイスでも同じものが閲覧、編集することが出来ます。

その他にもカレンダー、メモ機能、写真、連絡先、メッセージ、メールなど多くのことがデータを共有することが出来ます。

iCloudの料金

iPhoneを買った時に無料に使えるiCloudのストレージは5GBバイトです。

5GBバイトだと写真や動画ですぐ埋まってしまいます。

ちなみに写真一枚2MBです。1000枚ほどとれば2GBです。

クラウドには写真以外にもいろいろ大事なものを保存する必要があります。

なので5GBだとすぐになくなってしまいます。

しかしiCloudは月額課金でストレージを増やすことが出来ます。

料金は

130円 50GB
400円 200GB
1300円 2TB

となっています。

実際に僕も利用しています。

写真がiPhoneの容量をかなり取ってしまっていて、iPhoneの調子が悪かったですが、iCloudのストレージを増やすとサクサク動くようになりました。

個人で使うだけならそんなに容量を使わないので130円の50GBのものを利用してみてください

まとめ

appleの提供しているクラウドサービスのiCloudはapple製品を使っている人ならぜひ使ってほしいサービスだと思っています。

ちゃんとバックアップをとっておかないと大切なデータや写真を失ってしまうかもしれません。

失ってからでは遅いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました