これからの新しい仕事の形 ジョブ型雇用について知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

皆さんジョブ型雇用という言葉を知っていますか?

新型コロナウイルスの影響でこのジョブ型雇用という物が注目を集めています。

これからの日本もジョブ型雇用が採用されてくるとされています。

今回はジョブ型雇用についてについて紹介していきたいと思います。

ジョブ型雇用って?

これまではメンバーシップ型という雇用制度が中心でした。

メンバーシップ型とは 入社時に会社の一員になり、職務を限定せず様々な仕事を通して能力や会社での地位を高めていくといった働き方です。

そのため年功序列といった長く働けば働くほど給料や役職が向上していくといった仕組みです。

それに比べジョブ型雇用とは、あるスキルに対し高い専門性を持つ社員を雇うという仕組みです。

そのため職務を限定しないメンバーシップ型よりもジョブ型雇用の方が専門性が高く効率の良い作業ができるとして現在ではジョブ型雇用の採用について注目を集めています。

メリット

企業側

専門性の高い人を雇える

企業側の大きなメリットとしては、専門性の高い人を雇えるというところにあります。

メンバーシップ型だと新卒採用した社員を一から育て上げ業務ができるようにしますが、ジョブ型採用だと最初から専門性の高い人を雇うことができます。

そのため専門性の高い人を雇える上に、社員の育成に必要な時間やコストがかかりません。

求職者側

プライベートの両立

ジョブ型雇用は労働条件が細かく決まっています。

そのため残業や転勤もありません。

また、業務によっては職場まで行かずに働くことができます。

そのため自分の時間が増え、プライベートとの両立ができるようになります。

自分のスキルを生かせる

企業に就職したものの、自分のスキルが全然生かされていないと感じる人も多いのではないでしょうか。

また就職した後の仕事内容がやりたいことと違ったなんてこともあります。

しかし、ジョブ型雇用にそんなことは起こりません。

ジョブ型雇用は自分の仕事内容を事前に知ることができます。

そのため自分が生かしたいスキルややりたい業務の仕事を探し応募することができます。

スキルが正当に評価される

メンバーシップ型だとほとんどの場合が年功序列で給料が上がっていきます。

それとは違いジョブ型雇用は基本的に成果を出した結果や難易度によって給料が変わります。

そのため自分の実力次第では給料がかなり高くなることもあるでしょう。

デメリット

企業側

専門以外の仕事ができない

上にも書いたように仕事内容や雇用条件がかなり細かく決まっています。

なので途中から企業の方針が変わり業務の変更をさせたくても、専門以外の業務をさせることができません。

なのでいろいろな業務をさせることができるメンバーシップ型の雇用より不便なところがあります。

求職者側

就活が難しい

ジョブ型雇用だとスキルが少ない新卒の求職者は就職活動が難しくなります。

新卒で専門性の高いスキルを持ち合わせている人は少ないと思います。

ジョブ型雇用は専門性の高い人を専門的な業務に採用する仕組みなので、スキルが少ない新卒者は就職活動が難しくなります。

個人の責任が大きい

メンバーシップ型は決められた時間出勤して決められた業務をこなせば決められた給料が支払われます。

それに比べジョブ型雇用は成果を出せば出すほど給料が上がります。

もちろんサボればその分給料は下がります。

なので自分を自分で管理することができない人にはジョブ型雇用は難しいかもしれません。

じゃあどうするの?

専門性をつける

ここまで書いてきたようにジョブ型雇用は専門的な業務をすることとなります。

簡単に言ってしまえば、専門性さえあれば仕事に困ることはありません。

ジョブ型雇用が増えていく中で今からでもいいので、専門的なスキルを身につけるのがいいでしょう。

自立する力

ジョブ型雇用は労働時間によって給料が変わるのではなく業務の成果によって給料が変わります。

そのため、もちろんサボればサボるほど給料が少なくなります。

そのため自立して自分のスケジュール管理をできるような人でなければ、高い給料を得ることができません。

まとめ

ジョブ型雇用が進めば現在よりもさらに実力主義といった社会になるということが予測されます。

そのためスキルがないとまともな就職ができなくなるという可能性があります。

なので、これからのジョブ型雇用の流れに乗るために、専門的なスキルを身につけ、自立する力を身につけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました