金融が変わるステーブルコインlibra(リブラ)を知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

世界の金融が変わるかもしれません。

皆さんFacebookが1年ほど前に発表したlibraという仮想通貨をご存じでしょうか。

Facebookが金融の天下を取ろうとしています。

名前は知っているけどビットコインと同じ類なんでしょなんて思ってたら大間違いです。

libraは今までの仮想通貨とは全く違うものなんです。

今回は、libraの

仮想通貨との違い
libraの目的
libra協会

について解説します。

仮想通貨との違い

libraは従来の仮想通貨とは、全く異なります

従来の仮想通貨(ビットコイン)などは、常に取引されており、価値が絶えず変化しています。

そのため投資目的に購入する人は多くいます。

しかし、価値が安定していないということもあり通貨としてはかなり使いずらいです。

実際ビットコインは1か月で50万円ほど価値が変動したことがあります

そもそも仮想通貨はみんなの信用でなりたっています。なので、その時の信用によっては価値の変動が大きくあります。

これは投資としては良くても通貨としては使えないですよね、、、。

その様な仮想通貨とは打って変わって

libraはステーブルコインと呼ばれるもので、価値がstable(安定)しているcoin(通貨)という意味があります。

なので、決済手段や価値の尺度としての役割を重視しているのがこのlibraです。

今までの仮想通貨は、最初は信用がありませんでした。

バックには国もなければ、企業もありません。

しかし、libraが安定した通貨として成り立つことが出来る理由は、Facebookの大きな資本がバックにあり、いつでもドルや円に換えることが出来ることが保証されていて、大きな信用があるからです。

なので、これからlibraが発達すればキャッシュレスがもっと発達するかもしれないですね。

libraの目的

libraはスマホを持っていても銀行口座を持てない発展途上国の人たちのための制度です。

例えば、貧しい国から出稼ぎに来ている人が母国の家族に送金しようとしても銀行口座を持っていないために、送金ができないなんてことがあります。

また他にも今の通貨は、国や銀行がお金を管理して、金融政策などで価値を調整していたりするため国や銀行に権力が集中しすぎているという点も問題視されています。

そこでlibraです。スマホがあれば世界中誰にでも簡単に送金できるのです。

たとえ銀行口座を持っていたとしても、多くの手数料が取られてしまうがlibraだと一瞬で簡単に安く送金できます。

他にも、ブロックチェーンの技術を用いて中央の管理者をつくらないでみんなで管理しよて権力を分散させようという仕組みや、世界中のネットワークを用いてみんなで一斉に台帳を書き換えみんなで管理し合う仕組みのため信用も保たれます。

新世代の技術 ブロックチェーンについて知ろう

しかし、他の仮想通貨(ビットコインなど)は少額でも取引があると世界中の台帳を書き換えるために膨大な時間がかかってします。

しかし、libraはlibra協会の中でしか台帳を書き換えないので、短い時間で素早く記録に残すことが出来ます。

また、libraが世界中に広まり全世界の人が使用したら、Facebookに膨大な売買情報が集まります

その情報を用いてInstagramやFacebookのマーケティングに活用することもできます。

例えば、あなたがゴルフ用品をよく買っていたらその情報からゴルフ用品の広告をInstagramによく表示するように購入を促します。

また、Instagramとlibraが連携されることも考えられInstagramから直接商品を購入することが出来るなんてことがあります。

Facebookの主な収入源は広告業でしたがこれからは個人の情報を売買し新たな収入源を得られるようになるかもしれません。

そしてこのlibraの登場により

為替がなくなるかもしれません。

世界中でlibraが使えるならわざわざ円をドルに換える必要もありませんよね。

国や銀行に依存しない通貨の完成です。

しかしそうなると

今まで金融政策を行っていた国が反発してきます。

もしかしたらこらからは国よりもlibra協会が権力を握るかもしれません

libra協会(コンソーシアム)

libraはFacebookだけが管理する物ではありません。

このlibra協会には、みんなが聞いたことのあるUbarやVISAやMastercard、PayPalなど金融に強い大企業も加入しています。

これだけの大企業がたくさん集まれば、何億人の人が利用するかわかりませんね。

FacebookとInstagramを合わせるユーザー数は24億人をを超えているそうです。

円は1億人ちょっとにしか使われていませんよね、、。

世界中で使われているlibraのほうが圧倒的に便利ですね。

そしてこのlibra協会はブロックチェーンの技術を用いても、数の限られたネットワークだから取引の台帳をすぐに書き換えられます。

また銀行とは違い、20社ほどで管理するため権力が一つに独占されることはありません

この先の金融を掌握するのは国家や銀行ではなくlibra協会かもしれませんね。

しかし現在はVISAやMastercardが脱退してしまいました。この後はどのような動きがあるか楽しみですね。

まとめ

今回はGAFAの一角であるFacebookのlibraに注目しましたが

Google銀行 Apple Card Amazon Pay

などGAFA全てが金融の覇権を取りに来ています。

これからどうなるのでしょうか。

コメント

  1. […] →libraについて詳しく知りたい […]

タイトルとURLをコピーしました