飲食店経営は儲かるの?飲食店経営について知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

飲食店を経営してみ

今回

収入の構成要素
売上アップのポイント

について解説します。

収入の構成要素

売上

これは一番わかりやすく簡単です。

お客様から頂いたお金全てのことです。

ラーメン1杯1000円が1日に100杯出たとしたら

1000円×100杯=10万円

この10万円が売上高です。

経費

家賃、備品、水道光熱費などほとんどのことがここに入ります。

売上原価

経費で最もお金がかかる部分です。

食材の仕入れにかかるお金のことです。

人件費

これも経費の多くを占めています。

出来れば最初は一人でやるか身内でやるのがいいでしょう。

その後は募集費などがさらにかかります。

粗利益

売上から原価を引いたものです。

1000円のラーメンの原価が500円だった場合、粗利額は500円となります。

1日に100杯のラーメンが売れたとすれば売上は10万円

粗利益は5万円になります。

原価率

売上に占める原価の割合のことです。

原価率=原価÷売上

これで計算できます。

上の例だと 原価率=500円÷1000円=50%

これが原価率の出し方です。

営業利益

これは純粋に手元に残るお金のことです。

営業利益=売上高-経費

これで計算できます。

この営業利益が純粋な本当の儲けといえます。

この営業利益は2つの種類があります。

変動費

お店の売り上げによって変動するお金のことです。

原価やアルバイトの人件費、水道光熱費などがこの変動費です。

お客様が来なければ原価も水道光熱費もかからないですよね。

固定費

お店の売り上げに関わらず毎月、一定のお金のことです。

家賃や正社員の人件費などはこの固定費に分類されます。

お客様が少なかったとしてもかならずかかってしまいます。

営業利益率

どれだけ効率的に設けたのかを表す数字です。

営業利益率=営業利益÷売上高

これで計算できます。

この数字が高ければ高いほど効率よく利益が出せているといえます。

売上アップのポイント

商品にメリハリをつける

例えばお店の看板メニューのラーメンの原価率は50%だが、チャーハン、餃子は30%、ドリンクは10%といった商品にメリハリをけつて販売するといいでしょう。

固定費を下げよう

固定費は例えば新型コロナウイルスによって店を閉めている間にもかかってしまいます。

その中でもなるべく下げたいのは、家賃です。

長くやっているのなら大家さんに交渉してみるといいでしょう。

ちなみに家賃は売り上げの10%以下にするのが適正とされています。

水道光熱費を見直す

水道光熱費は飲食店で大きな割合を占めることになります。

水道代も電気代もガス代も最安値を探して契約しましょう。

まとめ

今回は、飲食店経営の基本である経営の部分について簡単に解説しました。

飲食店経営は決して簡単ではないです。

飲食店を経営するのは資金もかかり、リスクがある選択かもしれません。

しかし、もちろん大きく儲けている人もいます。

やりたいと考えているのなら一度やってみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました