頭と体と心に効く瞑想で得られる効果について知ろう

Life

こんにちは、かずまです。

皆さんは瞑想をしますか?

瞑想を普段からしているよ!って人はなかなか少ないと思います。

しかし、スティーブ・ジョブズをはじめビル・ゲイツやマークザッカーバーグなどと名だたる経営者が瞑想を行っています。

経営者の他にもスポーツ選手やミュージシャン、政治家などにも瞑想を行っている人が多いらしいです。

どうしてこのような成功者たちが瞑想を行っているのか気になりますよね。

なので今回は、瞑想の効果について解説します。

瞑想の効果

瞑想は主に心と体と頭への効果が期待されます。

心への効果

悩みが減る

頭は思考の机なのです。

机の上が汚いと効率の良い作業ができませんし、探し物を素早く見つけることができません。

瞑想にはこの頭を整理する効果があります。そして瞑想によって綺麗にされた机があれば思考に余裕が生まれます。

その余裕から新しい思考ができたり、効率のよく思考することができます。

ストレスに強くなる

ストレスとはいかに余裕を持って接することができるのかにかかっています。

上でも書いたように瞑想で思考の机に余裕があれば、余裕を持って物事に接することができます。

余裕があれば、自信をもって物事と接することができます。

またストレスがたまってしまった時は瞑想はリフレッシュにもなります。

イライラしなくなる

瞑想は自分の考えを客観視することができます。

自分の考えていることを客観視してみると自分がイライラしていたことがとても小さいことだということに気づくことができます。

この考えが習慣につくと小さい事にいちいちイライラしなくなります。

人に優しくなる

人に優しくなるということは他人に同情できるということです。

他人に同情するというのはかなりの労力を使います。

ほとんどの人は自分のことでいっぱいいっぱいなのです。

瞑想をすると心にも余裕が生まれます。

その心にできた余裕で他人に同情することができます。

性格が明るくなる

上にもあったように瞑想をすれば、新しい思考を考えたり自分を客観視することができます。

この二つができるとミスをしてしまった時に、悲観的にならず柔軟な対応ができ、ミスを客観視することができます。

これによりどんな時も落ち込みすぎることがなく、性格が明るくなります。

体への効果

リラックスできる

ネガティブな感情を持っていると体が緊張してしまい、リラックスができません。

瞑想はこれまで書いてきたように良い思考を生み出します。また瞑想は腹式呼吸を使います。

これにより体がリラックスします。

肩こりや頭痛が治る

上で書いたように瞑想には体をリラックスする効果があります。

体のリラックスとともに神経もリラックスします。

神経がリラックスすると筋肉が解れます。

その結果、腰痛や肩こりの他にも体の様々な症状が治ります。

睡眠時間が減る

人間は寝ている時も頭の中を整理しています。

しかし、頭の中を整理している時間は睡眠2時間につき15分だけだそうです。

なので、瞑想を15分を行うと睡眠2時間分頭を整理できた事になります。

そのため朝少し睡眠時間が短かったとしても頭がすっきりとした状態で目覚めることができます。

頭への効果

理解力が向上する

瞑想によって思考に余裕ができます。

余裕ができると物事を整理して判断することもできますし、客観的に判断することができ、物事の理解力が向上します。

集中力が上がる

瞑想を毎日続け上達してくると聴覚の情報さえ遮断して瞑想に集中できるようになります。

そしてその集中が普段もできるようになると自分の集中力が格段に上がります。

判断力が上がる

瞑想とは自分の欲を客観視することです。

自分の欲を客観視することができると、自分の感情に騙されず物事を判断できるようになります。

まとめ

今回は世界でも注目されている瞑想についてまとめました。

瞑想はスティーブ・ジョブスをはじめとする数多くの経営者が取り入れています。

僕も瞑想を始めてからすぐに効果が実感できました。

現代では多くの音や情報に溢れています。

そんな現代だからこそ自分自身を見つめ直す時間が必要なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました