プログラミングを挫折してしまう人の特徴と挫折しない方法について知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

最近は一気に寒くなってきましたね。

皆さんプログラミングに興味はありますか?

プログラミングを勉強したことがある人はわかると思いますが、プログラミング学習というのは簡単ではありません。

途中で挫折してしまう人も多くいるのではないでしょうか。

実際プログラミングは挫折率9割や8割と言われるほど挫折してしまう人が多いです。

しかし、多くの人が挫折してしまうからこそプログラマーは価値があるのです。

今回はみんなさんがプログラミングで挫折してしてしまわないようにプログラミング学習で挫折してしまう人の特徴と挫折しないための作戦について解説します。

プログラミングで挫折してしまう人の特徴

やりたいことが決まっていない

プログラミングを勉強すると色々なことができると思います。

例えばアプリ開発やゲーム開発、Webサイトの制作ができます。

お金を稼ぐこともできます。

しかし、やりたいことが決まっていて目標がなければ挫折してしまします。

プログラミングは難しいです。その上目標がなければモチベーションが続かず挫折してしまします。

プログラミングができる人が周りにいない

最初の頃はスペルミスなど初歩的なミスにつまずき多くの時間を取られてしまう可能性があります。

特にスクールなどではなく独学で学んでいる人はそのようなことが多くQ&Aに質問しても思ったような答えが返ってこないような可能性があります。

プログラミングを挫折してしまう人の理由には周りにプログラミングができる人がいないと言う理由が多く挙げあれます。

それぐらい周りにプログラミングを勉強している人がいるということは大きいみたいです。

やっぱり一緒に勉強する人がいてくれるとモチベーションが全然違いますよね。

挫折しない作戦

まずは目標を決めよう

目標を決めることこれは僕が一番大事だと思っていることです。

目標がなければ人は行動することができません。

より具体的で明確な目標であればあるほどいいでしょう。

その目標を達成するために目標と日付から逆算してプログラミング学習をしていくのがいいでしょう。

簡単なことから実践してみる

独学でもスクールでも自分が勉強したことをさっそく実践してみましょう。簡単な自分のポートフォリオでも作るといいです。

実践してみると自分が分からない所が見えてきたりと学習効率も上がります。

自分で一から作り出すというのは楽しくモチベーションが上がります。

仲間を見つけよう

プログラミングを学習する仲間を見つけよう。

プログラミングはもちろんひとりでも学習できますが、プログラミングを学習する仲間がいればモチベーションを保つことができます。

また、分からないことがあったら仲間に聞けば解決策を見つけてくれるかもしれないし、自分も仲間の問題を解決することで新しいことに気付けるかもしれません。

プログラミング仲間の見つけ方は色々あります。

プログラミングスクールに通ったり、Webサービスなどもあります。

また別の記事で紹介します。

まとめ

プログラミング学習で挫折してしまう人は多くいると思います。

しかし、実はそんな状況こそが最高なのです。

挫折してしまう人が多いということはそれだけプログラマーがレアな存在ということになります。

もし作りたいものなど目標がある人は、諦めずにプログラミング学習を続けてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました