プログラミング言語のJaveについて詳しく知ろう#1

TOP

こんにちは、かずまです。

プログラミング言語にはたくさんの種類がありますよね。

プログラミング言語によっては得意なことや苦手なことがあります。

沢山あるプログラミング言語中でも今回は、

Javaについて詳しく解説します。

Javaとは

沢山あるプログラミング言語の中で昔からよく使われていて日本でも人気が高い言語です。

多くのプログラミング言語の元となっている言語です。

C++、Pythonと一緒にGoogle三大言語といわれていてGoogleが主に開発に用いています。

JVMというJava仮想マシンというものが動作するコンピューターであれば動かすことが出来るので、ほぼすべてのコンピューターやOSで動作することが出来るます。

なのでもちろんMacでもWindowsでも動作します。

プログラマーになるにはほぼ必須の言語だといえます。

Javaにできること

Javaは他の言語と比べても多くのことが出来ます。

業務システム

昔からあり人気の高いJavaは大手企業の顧客管理や金融機関の会計システムによく使われています。

セキュリティが高く安全性が求められる銀行などの金融機関の会計システムや顧客データの管理にも使われています。

Androidアプリの開発

Android自体もJavaでできていて、Androidのアプリを作る時もJavaを使用します。

他の言語より機能が豊富なのでJavaを選んで開発するエンジニアが多いです。

Webサイト

Webサイトの処理を行うサーバー側の裏にはJavaが使われていることが多くあります。

Webアプリの開発

大規模なWebアプリの開発に向いている言語です。

Javaは多くの情報を素早く処理することが出来ます。

SNSのTwitterにはこのJavaがつかわれています。

ゲームの開発

有名ゲームであるMinecraftはこのJavaで作られています。

多くの情報を素早く処理することが出来るので

ソフトウェアの開発

CGのソフトウェアやロケットや衛星にも使用されています。

また他に家電のシステムなどのテレビや携帯電話のシステムとして使用されます。

Javaのメリット

人気がある

プログラミング言語の作業はエラーが出たりしてしまうと検索して自分のミスを検索しなければなりません。

知名度の低い言語だと日本語で検索しても解決策が見当たらない場合があります。

しかし、圧倒的に人気が高いJavaであれば大体解決することが出来ます。

仕事が多い

人気も高く活用できる幅が広くいためほかの言語と比べ、比較的仕事が多いです。

そのため就職や転職に有利な言語でもあります。

処理速度が速い

Javaは他の言語よりスピードが速い方に入ります。

動作を実行するときに機械の言葉にに一度変換する必要があるインタプリタ型言語に比べて、コンパイラ型の言語であるJaveはスピードが速いです。

OSに依存しない

JavaはJVMというJava仮想マシン上で動作するプログラミングです。

なのでどんなコンピューターやOSでも動作させることができ大きな特徴でありメリットです。

Javaのデメリット

難しい

Javaを理解するにはオブジェクト指向という考え方を理解する必要があります。

オブジェクト指向とはかなり優れた思考ですが、初心者には理解するのが難しいかもしれません。

なので挫折しやすい言語でもあります。

まとめ

Javeの需要は増え続けていて、今後もさらに必要な言語となると思います。

初心者には少し難しいかもしれませんが、頑張って学ぶだけの価値はあります。

自分の価値を高めるためにぜひスキルとして身につけてみてください。

コメント

  1. […] →Javaについて詳しく知ろう […]

タイトルとURLをコピーしました