プログラミング言語のPHPについて知ろう #3

TOP

こんにちは、かずまです。

今までプログラミング言語のJavaやJava Scriptについて解説していきました。

今回はそのシリーズの続きでプログラミング言語のPHPについて紹介します。

PHPとは

PHPはweb開発で使われる言語です。

そしてHTMLの静的なwebページとは異なり、PHPはアクセスした人やタイミングなどによって表示内容が変わる動的なwebページのことです。

PHPはプログラミング初心者にもおすすめです。

文法もわかりやすく、基本的な文法を覚えてしまえば簡単なプログラミングをすぐに書くことができます。

PHPにできること

PHPにはできることが多くあります。

僕は今WordPressでブログを書いています。全世界のサイトの1/4はこのWordPressで作られています。

そしてそのWordPressはPHPで開発されています。

そのためPHPのスキルがあればWordPressをカスタマイズしてブログを作ったり、webページを制作したりすることが可能です。

ネットショッピングサイトなどのECサイトも作ることが可能です。

特にECサイトの会員情報や商品の購入、決算処理などほとんど全てのことがこのPHPで開発可能です。

ほとんどのサービスにはログイン機能が必須です。

PHPではログインの管理や新規登録、ログアウトの機能も開発することができます。

これらのすべては、動的なwebサイトが作れるPHPだからこそできる機能です。

PHPのメリット

初心者でも学びやすい

上でも少し出てきましたが、PHPは比較的初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

特に文法がわかりやすく簡単なプログラミングであれば簡単にできてしまいます。

また、PHPをプログラミングできるエンジニアは多くそのためインターネット上に情報が多くあります。

そのためつまずいたとしても、検索すればいくらでも情報が出てきます。

なのでPHPは初心者でも学びやすいプログラミング言語なのです。

需要が高い

PHPはできることが多く、ほとんどのwebサイトでつかわれています。

そのためかなり需要が高いです。

PHPのスキルを持っているエンジニアを必要としている会社が多くあります。

なのでPHPを学んでおけば転職やフリーランスになることも容易でしょう。

PHPのデメリット

自由すぎる

自由度が高いというのはメリットでもありデメリットでもあるといえます。

PHPには書き方に厳しい規制がほとんどなく、同じ動作をするコードが多く存在します。

自分一人でコードを書き管理するなら良いのですが、大人数で作ったり他のプログラムと合わせたりすると、逆にデメリットとなってしまうことがあります。

webサイト以外には向いていない

webサイトを作成する上ではとても優秀ですが、webサイト以外ではほとんど機能しません。

そのためアプリ開発などはPHPではできないのでご注意ください。

まとめ

ここまで書いてきたようにPHPは初心者でも学びやすい言語です。

僕はhtml,css,JavaScriptを学んだ後にPHPを学ぶのがいいと思います。

やはり仕事が多いのが大きなメリットです。

簡単で仕事も多いのでぜひ学んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました