プログラミングを始めるために必要な最初の準備を知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

ここ最近はプログラマーの需要も高まりプログラミンングを始めてみようかなという人は多くいるのではないでしょうか。

しかし、プログラミングとは遠く離れた世界で生活していたためにまず何を準備したらいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

なので今回は、プログラミングを始めるにあたっての最初の準備について紹介します。

プログラミングを始める前に

プログラミングを始める前にプログラミングを学ぶ目的だけはしっかりと決めておくのがいいです。

プログラミングを学ぶ目的を決める

プログラミングは正直多くの人が挫折します。

プログラミング学習をするには根気強く学んでいく必要があります。

また、プログラミングを学ぶ目的によって学習すべきプログラミング言語も異なります。

  • エンジニアになって転職したい
  • 自分のゲームを作りたい

大体このように具体的な目標を持つと挫折しにくいでしょう。

エンジニアになって転職したいのであればJavaやPHPを選ぶといいでしょう。

求人数も多く、PHPは初心者にも学びやすい言語となっています。

ゲームを作りたいとなればJavaScriptを学ぶのがいいでしょう。

こんな感じでプログラミングを学ぶ目的をしっかりと決めれば挫折する確率も低くなりますし、プログラミング言語を選ぶときに苦労しません。

プログラミング学習に必要なもの

プログラミングを始める前に必ず必要なものについてまとめました。

パソコン

これがないと始まりませんが、パソコンさえがあればすぐ始められます。

パソコンは今ご自宅で使っているもので大体大丈夫でしょう。

ノートパソコンでもできるので持ち運びに便利なノートパソコンがあるとさらに良いです。

家にパソコンがなく新しくパソコンを買おうかなと考えている人は、Macをおすすめします。

正直WindowsとMacどちらを買ってもほぼ変わりませんが、今から買うならMacがおすすめです。

理由は、プログラミングをやっている人の大半がMacを使用しているからです。

そのためつまずいたとしてもMacであればWebで検索して真似をすればいいだけですが、Windowsだと動作が異なる場合があるので、初心者の方には難しい可能性があります。

他にはiphoneのアプリを作ろうとしてもiphoneのアプリはMacでしか作れません。

iphoneのアプリを作りたいと考えている人はMacを買うのが良いでしょう。

Google Chrome

Google Chromeが入ってない方は必ず入れたほうがいいです。

もちろんSafariでもプログラミングは動きます。

ではなぜこんなにもGoogle ChromeをおすすめするかというとGoogle Chromeにはディベロッパーツールと拡張機能というものがあるからです。

ディベロッパーツールには沢山できることがありますが、今回は代表的なHTMLとCSSの確認と編集について紹介します。

ディベロッパーツールを使うと実際に今開いているページにはどのようなコードが書かれているのか確認することができます。

またそのコードを消したり、新たに付け加えたりと編集をすることもできます。

このディベロッパーツールはプログラミングをする上でかなり便利で特に模写をする上では欠かせません。

Google Chromeのいいところはディベロッパーツールの他に拡張機能があるということも大きなメリットです。

例えば、Page Ruler Reduxを僕は愛用しています。

これは画面に表示されているwebサイトの大きさをありとあらゆるところまで図ることができます。

これのおかげでサイトの模写をするときにもいちいち大きさが合っているかと確認する必要はありません。

その他にもサイト上の画像を保存できるImage Downloaderやサイト上の色を確認できるColor Zillaといった拡張機能もあり、サイト制作には随分と助けられています。

テキストエディタ

テキストエディタとはプログラミングのコードを書くものです。

そしてテキストエディタは多くの種類があります。

ここで紹介するテキストエディタは全部無料ですので安心してください。

Atom

Githubが公開したテキストエディタです。

簡単でわかりやすいので一番初心者におすすめのテキストエディタです。

機能追加も無料でできるので慣れていくうちに自分好きなようにカスタマイズできます。

とりあえずプログラミングを始めてみるといった方はAtomを入れてみるのがいいでしょう。

Visual Studio Code

Microsoftが提供しているテキストエディタです。

僕が普段使っているのもこのテキストエディタで、周りの人もVisual Studio Codeを使っている人が多いと感じています。

感覚的に操作でき、拡張機能もあるのが特徴です。

こちらもプログラミング初心者でも使いやすくおすすめです。

教材

上にあるものでプログラミングは書き出せます。

書き出せますが、ここまで準備したけど肝心のプログラミングのコードって何をどうすればいいんだ?ってなりますよね。

なので独学でプログラミングを始める方に向けての教材を紹介します。

きっと独学でプログラミングを学んだ人はこのドットインストールかProgateで学んだ人がほとんどだと思います。

ドットインストール

ドットインストールの最大の特徴は動画形式の講義だという事です。

また動画1つが3分ほどなので手軽に学ぶことができます。

しかしなかなか動画のスピードが速いので何度も復習しながら学習するのがいいでしょう。

またミニゲームを作りながらプログラミングを学ぶことができるのがかなり好評で、実践的な力が身につきます。

Progate

こちらはドットインストールより初心者向けだと感じています。

Progateはweb上で操作することができます。その為、テキストエディタを準備する必要もありません。

しかし内容は実践的な内容が少ない為、自分で復習しながら学習を進めなければなかなか実践的な力が身につきません。

またProgateはアプリでの学習もでき隙間時間を使って手軽に学習ができるのがメリットです。

まとめ

とりあえずここで挙げてきた物さえあればプログラミングが始められます。

この中で一番大事なのは最初のプログラミングを始める前にというところです。

自分がプログラミングを始める目的を見失わずにプログラミング学習をして欲しいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました