これをしなきゃ全部無駄 読書をするうえで大切なことを知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

今回はこれをしなきゃ読書が無駄になってしまうということを紹介します。

自己投資の読書を始めたけど読書ってただ読んでるだけで意味あるの?って方も多いと思います。

そうなんです。

読んでるだけでは効果はものすごく薄いんです。

今回は

読書をするうえで必ずしたほうがいいこと

について解説します。

効果あるの読書法

ただ読書をするだけではだめなんです。ちゃんと効果のある読書をしなければせっかく本を読んでももったいないです。

なので今から解説する読書法をしっかりと試してください。

目的を明確にする

本を読むにしても本を読む目的がなければなんで本を読んでいるかわからなくなってしまいます。

読書はただの手段にすぎません。ちゃんと目的があって本を読まなくてはなりません。

本をただただ読んでしまっている人はこの目的意識が抜けてしまっているのではないでしょうか。

人生をよくするために本を読むのです。

本を読むために文字を読んでるだけの人が多いのです。

目次を読んで本の内容をイメージする

目次は本の大まかな地図となってくれます。

この本の流れや中身が大体わかります。

全然惹かれない章は読まなくていいでしょう。

そして先ほど明確にした本の読む目的にぴったり当てはまる章は読み込みましょう。

全部読まなくたっていい

先ほど述べたように自分の興味のない章は丸々飛ばしていいです。

つまらない、目的とあっていないと思ったら読まなくていいです。

大事なのは本を読むお金より、時間のほうです。

自分の人生の時間を一番大事にしてください。

必ず読みながらメモをとる

Kindleで本を読んでいる人はラインマーカーを引いて下さい。

人間の記憶はそこまで多くの情報を覚えられません。

大事な部分だけでもメモをっとておくと忘れずに済みます。

また実際に自分の考えをメモをしながら振り返り整理することが出来ます。

そしてメモによって要点をまとめることが出来ます。

行動を変える

これが一番大事です。

どれだけ良書を読んだところでもちろん行動しなければ意味ないです。

先ほど書き出したメモを中心に一つでいいので行動してください。

行動しなければその本を読んでないのと一緒だと思います。知識はすぐに忘れてしまいますが、行動を変えれば人生が変わると思っています。

まとめ

上で紹介したことを意識して読書しなければ読書の効果がかなり薄れてしまいます。

せっかく本を読むのなら上のことを意識して効果的に読書しましょう。

コメント

  1. […] これをしなきゃ全部無駄 読書をする上で大切なことを知ろう […]

タイトルとURLをコピーしました