ベンチャー企業について知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

最近ベンチャー企業という言葉をよく耳にすると思います。

そして、将来ベンチャー企業に就職したいと考えている人もいますよね。

しかし、ベンチャー企業とはどのような企業なのかよく知らない人も多くいると思います。

今回は、

ベンチャー企業とは
中小企業との違い
ベンチャーキャピタルとは

この2つについて解説します。

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、株式会社のように会社法で定められているわけではありません。

なので明確な定義はりませんが一般にベンチャー企業とは、特殊な技術などを活用し、新しい製品やサービスを提供している若い会社のことです。

新技術開発やさらに高度な技術を開発し、成功するのかわからないようなリスクの高い事業に積極的に挑戦しています。

またベンチャー企業は

新たな市場分野の開拓

新規の雇用の創出

新たな技術やビジネスモデルの創出

が期待されています。

ベンチャー企業の特徴

まだ若い会社が多い

新しい製品や技術、考え方を世に広めるために会社を立ち上げる場合が多いのでまだ会社を立ち上げて日が浅い企業が多いです。

将来性がある

設立からまだ間もないので、人材も製品もまだまだ成長する可能性があります。

さらに実績を重ねると企業や銀行からも融資を受けやすいので、資金調達がうまくできるようになると一気に事業が拡大できる可能性があります。

従業員数が少ない

創業してまだ日が浅く、資金少ないため従業員の人数が少ない場合が多いです。

その分、責任のある仕事が若手社員にも振られる場合があります。

その他のベンチャー

ベンチャー企業と似た言葉にスタートアップ、メガベンチャー、社内ベンチャーという言葉があります。

スタートアップって?

ベンチャー企業と似たような言葉ですが、スタートアップとは会社を立ち上げてすぐの状態のことで、事業が軌道に乗るよう注力しているようなベンチャー企業です。

メガベンチャーって?

ベンチャー企業が成長し会社が大きくなったが、新しい事業も積極的取り入れていくような、ベンチャー企業の精神を残したまま事業が安定している企業です。

社内ベンチャー

既存の企業の中で、新規事業を立ち上げた組織のことです。

既存の企業のノウハウや資金、人材を利用して事業を立ち上げます。

中小企業との違い

中小企業

多くの場合、年齢や勤続年数によって給料や役職が決まる。

社員の平均年齢が高い。

創立年数がかなり長い場合もある。

この後の成長の可能性が少ない。

ベンチャー企業

多くの場合、実力や能力によって給料や役職が決まる。

社員の平均年齢が低い。

会社ができてから比較的新しい。

大幅に成長する可能性がある。

ベンチャーキャピタルとは

会社を起業しようとするときには少なからずお金がかかります。特にベンチャー企業だと、新しい製品や技術を開発するのに多額のお金がかかってしまう場合があります。

その様なベンチャー企業に投資を行ってくれるのがベンチャーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルは将来性のあるベンチャー企業の株を購入し、その企業が成功し上場した時に株を売って利益を出します。

まとめ

今回は、ベンチャー企業について解説しました。

最近よく耳にするベンチャー企業という言葉ですが、ベンチャー企業にについて説明できる人は少ないのではないでしょうか。

将来は、ベンチャー企業に就職したり、企業をしたりする人もいるかもしれません。

自分に合った企業に就職したり、ベンチャーキャピタルを使ってうまく起業してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました