株式投資と預金の違いを知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

お金は増やしたいけど、株式投資と預金どっちがいいのと思っている人は多いると思います。

投資を始めてみたいけど預金のほうが安心なんじゃないかな

投資と預金のメリットとデメリットが知りたい

と思っている方必見

今回は

預金のメリットとデメリット
株式投資のメリットとデメリット

これについて解説します。

預金

リスクは取りませんがお金が増えることはありません。

預金のメリット

いつでも引き出せる

株価などを気にせずいつでも引き出すことが出来ます。

ATMも全国どこにでもありますよね

元本割れしない

銀行にお金を預けてて勝手にお金が減ったという経験はありませんよね。

またもし金融機関が破綻したとしても、1000万円までは保証されます。

預金のデメリット

金利の低さ

普通預金だと金利が0.001%
定期預金でも金利が0.01%ぐらいしかありません。

なので銀行にお金を預けていてもほぼお金は増えないですよね。

株式

リスクを取りますがお金が増える可能性もあります。

株式投資のメリット

配当金が貰える

会社にもよりますが、会社の利益に応じて株主に分配される制度があります。

株主優待

これも会社にもよりますが、会社が株主に対して持ち株数に応じて、優待券などを発行する仕組みです。

売却益

買ったときの株価より売る時の株価のほうが高ければその差額分得することが出来ます。

株式投資のデメリット

元本保証がされていない

株価は上下するので元本より株価が下がってしまう可能性があります。

またもし投資している会社が潰れてしまったら、投資したお金は戻ってきません。

初心者には難しい

初心者の方はしっかりと勉強しなければ損をしてしまう可能性がある。

まとめ

株式投資と預金を比べてみると基本的に

株式投資はリスクを取りお金を増やそうとしていて

預金はリスクを取らずお金も増えません。

ですが株式投資は勉強をすれば負ける確率を下げることが出来ます。

どっちにするかは自分の性格や収入、年齢を考えて決めるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました