ストレングスファインダーで自分の強みを見つけよう

TOP

こんにちは、かずまです。

皆さんは自分の強みについて分かっていますか?

逆に自分の弱みについては分かりますか?

このように聞くとほとんどの人が自分の弱点のほうが思いつきやすいでしょう。

世の中は当然のように、人の弱点を注視しその弱点を補うようと迫ってきます。

そして可もなく不可もない平均点を取るようにと教えられるのが今の日本だと思っています。

小学校の頃から学校で成績を付けられ、成績が悪い教科は頑張りましょうと促されます。

そして自分の弱みを克服するために多くの時間を費やしてきたことでしょう。

しかし、自分の弱みは努力したところでそこを強みとする人には勝つことが出来ないのです。

勉強となればまだ何とかなるかもしれませんが、才能という資質はどうすることもできないです

なので、弱みではなく強みに注目し誰にも負けることのない資質を手に入れた方が、社会でより活躍できると思いませんか?

自分の弱みは他人と補い合えばいいのです。

ではそもそも強みとは何でしょう。

強みって?

自分の強みは意外と自分では気づくことが出来ません。

そもそも強みってどんなものかわからない人がほとんどです。

就活でもほとんどの人が同じような強みを言っていたことでしょう。

自分の強みを自分が気づけない理由は、ほとんどの場合強みを無意識で発揮しているからです。

実際僕もストレングスファインダーのテストを行って強みを診断しましたが、あまりピンとこなかったのが事実です。

強みとは常に完璧に近い成果を出せるものであり

才能(思考や感情や行動パターン)×投資(スキル開発や練習、知識をに身につけるためにかける時間)

という方程式で導き出されます。

才能が10あっても投資が3ぐらいだと

10×3=30にしかなりません。

逆に

投資を10おこなったとしても才能が3なら

10×3=30にしかならないのです。

なら早めに自分の才能に気づき

最大の才能×できる限りの投資=最大の強み

この最大の強みを作り出すのが最良でしょう。

そしてその自らでも自覚できない才能に気づかさせてくれるのが

ストレングスファインダーなのです!

ストレングスファインダーとは?

才能を診断しくれるテストであり、あなたが投資すべき才能を示してくれます。

いくらでも勉強し、時間をつぎ込みスキルを習得することはできます。

しかし、才能だけは、後天的に成長させることはできません。

このテストは、34個の資質からあなたの才能をランキング形式で紹介してくれます。

このランキングの上位5位以内には思いっきり投資しましょう。

ランキングが低い資質は、補い合える仲間を見つけ共に支えあるのがいいでしょう。

ストレングスファインダーを受けるためには

まずストレングスファインダーのの診断は40分ほどかかるので集中した時間が取れるときにやるのがいいでしょう。

①アクセスコードのついている本を購入する

Kindle版や中古だとアクセスコードがついてこないので注意してください。

この本の一番最後に診断のために必要なアクセスコードがついています。

そこからストレングスファインダーの公式サイトにアクセスし診断を受けます。

公式サイトはこちら

僕はこの本から診断を受ける方法を一番おすすめしています。

②公式サイトからアクセスコードを購入

まずストレングスファインダーの公式サイトにアクセスし

アクセスコードを購入しサインインを行えば、診断が開始されます。

診断が終わるとこのようにあなたの資質が表示されます。

また資質の組み合わせによっては同じ資質であったとしても、人によってはその資質の現れ方が異なるのです。

なので、あなたの資質に基づいたレポートを入手することが出来ます。

34個の資質

ではストレングスファインダーに出てくる34個の資質について簡単に紹介します。

本にはこの資質について詳しく書いてあり、その資質を持つ人の行動アイデアや、その資質を持つ人との関わり方などが丁寧に書いてあります。

人間関係構築

運命思考

責任感が強く、思慮深く、思いやりがある人です。

共感性

周囲の人の感情に共感することが出来る。

個別性

1人ひとりの個性を尊重し大切にすることが出来ます。

親密性

親しい人のそばで一番力を発揮し、喜びを感じることが出来ます。

成長促進

他の人が持つ潜在的な資質に気づくことが出来ます。

調和性

人との衝突や争いを避け、同意点を求めようとします。

適応力

今この時をもっとも大事にしていて、その時々の状況に対応することが出来ます。

包含

人を批判することはなく、常に仲間の輪を広げようとしています。

ポジティブ

人をよく褒めることができ、どんな状況でもポジティブな面を探すことが出来ます。

影響力の強み

活発性

行動力があり、常に動き出したくてうずうずしています。

競争性

競争相手に勝つことをもっとも大事にしていて、自分の目標を達成したとしても相手に負けていれば成果が無意味に感じてしまいます。

コミュニケーション

人前で話すこと、説明することが大好きで、周りの人から関心を自分に向けさせ人々の心に残ろうとします。

最上志向

平均以上の能力を最高な能力に引き上げることが好きですが、弱みを克服するのは苦手です。

ストレングスファインダーをそもそもやる人は、このような考えの人が多いので最上志向が出やすい傾向があるそうです。

自我

他人から評価され認められたいと考えています。そのための努力は惜しむことはありません。

自己確信

自分はできるんだと強く思い込むことが出来、リスクとることや新しいことにも積極的に挑戦をすることが出来ます。

社交性

人に好かれるのが得意で、人をひきつけ、味方にすることが出来ます。

指令性

主導権を握り、他人に主張することを苦痛とは思いません。自分の立場をはっきりと示すことが出来ます。

実行力の強み

アレンジ

物事も工夫して考え、新しい協調関係を見つけ出すことが出来る。

回復志向

問題を解決するのが好きで、何が悪いのかを見つけ出し解決策を見出す挑戦をします。

規律性

秩序正しく計画されたものを完璧に完了するのが好きです。

公平性

不正を嫌いなるべく平等に人を扱う必要性を感じています。

慎重さ

用心深く自分のことを他人に話したりしません。

信念

あなたは何か核となる揺るぎない価値観を持っています。

責任感

自分が言ったことは、なんでも成し遂げようとします。

達成欲

常に何かを成し遂げようと努力することが出来る。

目標志向

目標を立て目標に向かい効率的に行動できます。

戦力的思考力の強み

学習欲

とにかく学ぶことが大好きで、学ぶプロセスを大事にします。

原点思考

過去や経験から学ぶことを得意とし、問題にぶつかると過去を振り返ります。

収集心

多くのことに好奇心を持ち、多くの情報や言葉を収集します。

戦略性

最終目的にあった最善の道筋を見つけることが出来ます。

着想

皆がなかなか解決できずにいる日常の問題を解決することが出来ます。

内省

脳を働かせ一人で考えに浸るのが好きです。

分析思考

データを好み、非現実的な思考や整理されていない思考は嫌います。

未来志向

未来に魅了され、その未来のビジョンを抱き続けることが出来ます。

まとめ

自分の強みや資質は意外と気づきづらいです。

自分の強みを作り出すことが出来る人は社会に出て活躍できると思います。

自分の強みや資質を知りたいという人はぜひストレングスファインダーのテストを受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました