第三のビールって? 第三のビールについて知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

皆さんはビールを飲みますか?

ビールはみんな大好きだと思います。

そしてビール好きには大きなニュースだと思いますが第三のビールが10月から値上げするということです。

しかし、ビールについて詳しくない人は

そもそもビールに種類なんてあるのかよと思う人もいると思います。

今回は第三のビールと発泡酒、ビールの違いについてどんな人でもわかりやすく解説します。

第三のビールって?

酒税法により税率が引き上げられたため、ビール風味のお酒第三のビールというものが作られました。

第三のビールと他のビールや発泡酒などの違いは麦芽の含有量が違います。

第三のビールの方が麦芽の含有量が少ないのです。

作り方は麦芽のかわりに穀物を材料にしたものと、発泡酒に麦由来のスピリッツや焼酎を合わせて作られます。

ビールの独特な苦味が少なく飲みやすいのが特徴。

有名な商品だとclear Asahiやキリン のどごし<生>や金麦などです。

酒税法の改正

第三のビールは税金が低いのが特徴です。

しかし令和2年の10月に酒税法が改善され350mlあたり28円だったのが、350mlあたり38円へ増税されました。

その代わりビールは350mlあたり77円から70円減税されました。

第三のビールの魅力

糖質が少ない

ビールには多くの糖質が含まれているため撮りすぎると健康問題に影響が出てしまいます。

しかし第三のビールには糖質、またプリン体も少ないです。

なので健康に気を遣っている人には嬉しいです。

価格が安い

今回増税されたとは言え、他のビールに比べてまだまだ安いです。

特に毎日飲むという人からしたら値段はかなり気になるところです。

ビール

麦芽の使用比率が50%以上とされています。

有名な商品はAsahi SUPER DRYやキリン一番搾り生ビールやザ・プレミアム・モルツなどです。

今回の酒税法改正では77円から70円に減税されました。これからは需要が高まるかもしれません。

発泡酒

麦芽の使用量が50%を超えてしまういわゆるビールを販売すると酒税法により税金がかかってしまいます。

その為、ビールよりも税金が安いビールに似た発泡酒というものを作りました。

麦芽の使用比率が50%未満のものか、麦芽の使用比率が50%を超えているがビールに使える原料以外のものを使ったものか、麦芽の使用比率が50%を超えているが規定量以上の副原料を使ったものとなっています。

有名な商品はAsahi STYLE FREEや淡麗グリーンラベルなどです。

まとめ

今回は酒税法の改正により第三のビールの税率が引き上げられました。

発泡酒や第三のビールは酒税法の改正により生まれてきました。

今回の酒税法改正によって第三のビールより新しい、ビールが生まれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました