ワインのぶどう基本的な品種を知ろう

TOP

こんにちは、かずまです。

ワインには多くの種類があってどれを選んでいいかわからないですよね。赤なのか白なのかだけではなくぶどうの種類も産地も年代も選ばなくてはいけないのです。

今回は専門学校で学んでいる僕がこれだけは知っておきたいというワインのぶどうの品種について解説します。実際このぶどうの品種だけ知っておけば何とかなります。

赤ワイン用ブドウの品種

カベルネ・ソーヴィニョン種

赤ワインの王様。

味わいは力強く濃厚な赤ワイン、長い熟成により本領を発揮する。

フランスのボルドー地区の代表的な品種で特にメドック地区の赤ワインに使用されます。

世界各地で栽培されており、主な生産地国はカリフォルニア、オーストラリア、イタリア、チリ、南アフリカなどです。

メルロー種

まろやかで口当たりのよいワイン。

カベルネ・ソーヴィニョンとブレンドすることもある。

フランスのボルドー地区の品種で特にサンテミリオンやポムロールでの栽培比率が高い品種です。

主な生産国はイタリア、カルフォルニア、オーストラリア、ニュージーランド、日本などです。

ピノ・ノワール種

若い間はフルーティで、熟成によって華やかな香りがよく出る。渋みが少なく酸味が程よい。

カベルネ・ソーヴィニョンと双璧をなすワイン。

フランスのブルゴーニュ地方の代表的な赤ワインの品種

生産国はイタリア、ドイツ、カルフォルニア、アルゼンチン、チリ、ニュージーランドなどです。

ガメイ種

軽くて酸味の優れたワインで早熟タイプ。

フランスのボージョレ地区で栽培されている品種。

生産国はイタリア、カナダ、オーストラリア、トルコなどです。

白ワイン用ぶどうの品種

シャルドネ種

白ワインの女王。

辛口の白ワインとしては世界で最も高い人気がある。

生産された土地や生産者によって味わいが異なる。

フランスのブルゴーニュ地方の品種。

生産国はカルフォルニア、オーストラリア、イタリア、チリ、などです。

リースリング種

しっかりとした酸味を持ち繊細で上品な香りと口当たりです。

フランスのアルザスワインやドイツワインの代表品種。

極辛口から甘口まで世界中で栽培されている。

生産国はオーストリア、オーストラリア、ニューヨークなどです。

まとめ

今回はワインの代表的な品種について解説しました。

ワインを飲んだことがない人もこの基本的な6個の品種だけは知っておくと恥ずかしい思いをしないで済みます。

他にももっといろいろのワインのぶどうの品種があるので他の記事で解説したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました